活動レポート
くるま

スタントマンによる自転車交通安全教室を開催 (郡山市立郡山第五中学校)

日時:令和3年5月10日(月)13時40分から

場所:郡山市立郡山第五中学校

参加者数:約550名

 

JA福島さくら・JA共済連福島は、福島県警察本部、郡山警察署と連携し、スタントマンによる自転車事故の再現により、事故の恐ろしさを実感し、深く認識してもらうよう「生徒向け自転車交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。

 

村上校長のあいさつでは、自分自身の身は自分で守るしか方法はない、今回のスタントマンさんの実践・お話を真剣に聞き、自身を守る術を学んでほしいと話していました。 

JA福島さくら郡山総合支店小泉支店長のあいさつの後、郡山警察署・交通第一課根本課長による交通安全講話が行われました。 

スタントマンによる交通事故の再現では、車と自転車の衝突事故に始まり、自転車同士の事故、内輪差による巻き込み事故など、自分たちにも十分起こりうる事故の再現を目の当たりにし、生徒たちは衝撃を受けたようでした。

春先は自転車事故が多発する時期となるので、今回の教室で学んだことを活かし、安全な学校生活を送ってほしいと思います。

 

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031