活動レポート
くるま

スタントマンによる自転車交通安全教室を開催 (田村市立船引中学校)

日時:令和4年5月2日(月)13時35分から

場所:田村市立船引中学校

参加者数:約430名

 

JA福島さくらとJA共済連福島は、福島県警察本部、田村警察署と連携し、船引中学校の生徒を対象に「生徒向け自転車交通安全教室」を開催いたしました。

 

スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室(スケアード・ストレイト教育技法)は、事故の衝撃や怖さを実感させることで、ルールやマナー違反が交通事故を招く危険性があることを考えさせ、自転車交通ルールと安全な自転車走行を呼びかけるために行われています。 

 

初めに助川校長先生より、自分の命、全ての命を大切にできるようにしっかり学んで下さいとお話がありました。その後、JA福島さくら 蒲生たむら地区本部長理事よりJA共済の地域貢献活動についてお話しをいただき、続いて田村警察署交通課 物江巡査部長による交通安全講話が行われました。

 

スタントマンによる交通事故の再現が始まると、生徒たちは目の前の光景に驚きながらも真剣な眼差しで見入っていました。最後に代表生徒から交通ルールを守り安全に登下校したいと思いますと感謝の言葉で締めくくられ交通安全教室が終了しました。

 

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031