活動レポート
くるま

平田村立小平小学校にて「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド!」を開催

日 時 : 令和5年11月10日(金)10:20から
場 所 : 平田村立小平小学校
参加者 : 児童36名

 

J A夢みなみとJ A共済連福島では、介助犬のお仕事紹介「ガンバレ!介助犬!J A共済はたらくワンワンランド!」を平田村立小平小学校にて開催いたしました。
J A共済では交通事故被害者の社会復帰を応援するため、平成15年度から介助犬の育成・普及を支援しています。
富岡信校長先生のあいさつの後、J A夢みなみ平田支店関根慎也支店長より「困っている人を手助けできる優しさと勇気をもって過ごしてほしい」と児童たちに伝えました。

 

介助犬のお仕事紹介では、社会福祉法人日本介助犬協会の方から身体障害者補助犬について説明がありました。盲導犬・聴導犬・介助犬それぞれの役割を説明し、介助犬は全国で58頭(令和5年10月1日現在)しかいないということに児童たちは驚いていました。
介助犬のお仕事紹介(デモンストレーション)では、PR犬のリンゴちゃん(メス4才)が尾っぽを左右に”ブンブン”振って楽しそうに協会の方の「指示」を待ち、「指示」が出されたらさっそく落とした鍵や10円玉を拾ったり、冷蔵庫を開けて飲み物(ペットボトル)を持ってきたり、タンスを開けてタオルを取り出すなどの作業に、児童たちは大きな拍手を送りました。
最後に児童代表から「今日学んだことを地域の人や家族に伝えたいと思います」とお礼の言葉がありました。
今回の「はたらくワンワンランド」では、J A共済より小平小学校へ絵本の寄贈と記念品の贈呈をしました。

 

▲介助犬の説明をする日本介助犬協会の方
▲発券機からカードを取るPR犬リンゴちゃん
▲体験する児童
▲お礼を述べる児童代表
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829