JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第6弾を熊倉小学校グラウンドで開催!

日時:平成30年8月10日(金)午前9時00分から
場所:熊倉小学校グラウンド
参加者:16名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第6弾最終回は熊倉サッカースポーツ少年団の皆さんです。
 
天気にも恵まれ、絶好のサッカー日和のなか、サッカー教室が開催されました。
 
高学年、低学年、キーパーの3チームに分かれ、渡辺コーチ、小峯コーチ、井上コーチのもと、それぞれのチームに応じた練習を行いました。
最後に子どもチームと大人チームに分かれた試合を行い、皆で汗を流しました。
 
子どもたちは、楽しみながらも、コーチの指導に耳を傾け一生懸命プレーしていました。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第5弾を下郷町大川ふるさと公園コミュニティー広場で開催!

日時:平成30年8月8日(水)午前10時00分から
場所:下郷町大川ふるさと公園コミュニティー広場
参加者:16名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第5弾は下郷サッカースポーツ少年団の皆さんです。
 
小雨が降っていましたが、選手たちの希望によりグラウンドで開催しました。
高学年を指導した渡辺コーチは、パス一つでも、足の角度や場所、蹴る強さなど意識することでさらに上達するとレクチャーし、選手たちはそれに応えるように集中して練習に取り組んでいました。
低学年チームは、パスやドリブル、シュートなど基礎を中心に練習しました。練習後の小峯コーチの質問タイムにも積極的に参加し、楽しかったと話していました。
 
 
次回の今年度最後のドリームサッカー教室は、8月10日(金)に熊倉小学校で開催します。
 

011
 
022
 
033
 
044

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第4弾を日新小学校グラウンドで開催!

日時:平成30年8月7日(火)午前9時30分から
場所:日新小学校グラウンド
参加者:25名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第4弾は日新SSSの皆さんです。
 
はじめは、高・低学年の2チームに分かれ、ステップの練習や、ボールを蹴る、止めるなど基本の練習です。
その後、キーパーは別チームに別れ、各チームでより実践的な練習を行いました。コーチは「勝負に勝つ気持ち」が大事だとレクチャーし、選手たちも真剣に取り組んでいました。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第3弾を松長小学校グ ラウンドで開催!

日時:平成30年8月1日(水)午前9時30分から
場所:松長小学校グラウンド
参加者:35名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第3弾は会津一箕少年サッカークラブの皆さんです。
 
開会式では、JA会津よつばからスポーツドリンクや記念品、ユナイテッドFCからは試合入場券とボールが選手達に贈呈されました。
高・低学年とゴールキーパーの3チームに分かれて練習を行いました。コーチの指導では、技術面はもちろん、パスを出す相手のことを考えることが重要だと気持ちの面の大切さもレクチャーしていました。
 
この日は、雲一つない晴天で、最高気温は37℃にもなりました。これからも暑い日が続きますので、熱中症には十分注意して練習に励んでほしいと思います。
 
 
次回のドリームサッカー教室は、8月7日(火)に日新小学校で開催します。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第2弾を南部アリーナ体育館で開催!

日時:平成30年7月27日(金)午前9時15分から
場所: 南部アリーナ体育館
参加者:26名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子ども達の健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第2弾はバンディッツいわきU-12の皆さんです。
 
はじめに、JA福島さくらからスポーツドリンクや記念品、ユナイテッドFCからは試合入場券とボールが選手達に贈呈されました。
今回は体育館での開催となり、子ども達と一緒にゴールポストの準備をしてから練習を開始いたしました。
渡辺コーチ、小峯コーチはフィールドプレーヤーの指導、井上コーチはキーパーの指導をしていただきました。
子ども達は、汗をかきながらもプロの指導を真剣な表情で聞きいていました。
楽しそうに笑顔でプレーする子どもたちの姿が印象的でした。最後に子どもチームと大人チームに分かれたゲームを行い、白熱した試合が繰り広げられました。
 
 
次回のドリームサッカー教室は、8月1日(水)に松長小学校で開催します。
 
IMG_4921
 
IMG_5016
 
IMG_5130
 
IMG_5206

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第1弾を東部スポーツ広場で開催!

日時:平成30年7月25日(水)午前10時00分から
場所: 東部スポーツ広場 
参加者:14名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第1弾はFCアレグリアの皆さんです。
 
はじめに、JA福島さくらからスポーツドリンクや記念品、ユナイテッドFCからは試合入場券とボールが選手達に贈呈されました。
メニューは2クラスに分かれ、渡辺コーチ、小峯コーチ、井上コーチ、の指導のもと、それぞれのレベルに応じた練習を行いました。
子ども達は、汗びっしょりになりながらもプロの指導を真剣な表情で聞きいていました。暑い中、楽しそうに笑顔でプレーする子どもたちの姿が印象的でした。最後に子どもチームと大人チームに分かれたゲームを行い、白熱した試合が繰り広げられました。
30度を超える猛暑の中での開催でしたが、子ども達は大きな声を出し、一生懸命ボールを追いかけていました。
 
次回のドリームサッカー教室は、7月27日(金)に南部アリーナ体育館で開催します。
 
 
IMG_4567
 
IMG_4676
 
IMG_4740
 
IMG_4862

三島中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年7月13日(金)14時00分から
場所:三島町立三島中学校
参加者数:約50名
 
 
JA会津よつばとJA共済連福島は、福島県警察本部、会津坂下警察署と連携し、でスタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
今年度4回目の会場は三島町の三島中学校で、今回は昭和中学校の皆様も参加しての合同開催となりました。当日は天候に恵まれ気温は30度近い夏日で、途中休憩を挟みながらの進行となりました。
 
まずはじめに、会津坂下警察署による交通安全講話が行われ、市内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
 
次に、いよいよスタントマンによる交通事故再現がはじまりました。実際あった恐ろしい事故の話も踏まえながら、事故の原因となる「内輪差」や「車からの死角」、事故を未然に防ぐための「運転手とのアイキャッチ」など交通事故を防ぐ知識の勉強も分かりやすく伝えることができました。
 
 
三島中学校・昭和中学校の皆様がこれから生活をするうえで、交通ルールを守り、安全な生活を送っていただきたいと願っています。主にバスでの通学をしているそうですが、休日などに自転車を使う場面で今日学んだことを生かしていただきたいです。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
 
IMG_4195
 
IMG_4227
 
IMG_4359
 
IMG_4405

郡山女子大学附属幼稚園で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:平成30年7月11日(水)
場所:郡山女子大学附属幼稚園
参加者:158名(園児128名、先生、実習生30名)
 
 
JA共済連福島は、7月11日(水)に郡山女子大学附属幼稚園において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
福島防災士会によるお話では、はじめに子ども達に防災士の仕事について、みんなの命を守ったり、災害が起きた時に避難所のお手伝いや災害を受けた場所の片付けなどの仕事をしていることを教えていただきました。紙芝居「リオン」を読んでいただきました。いろいろな災害の怖さや災害の時の行動を紙芝居を使って教えていただきました。最後に「命を守ってください」と消防災士さんの声かけに、子どもたちは大きな声で元気よく「はい!」と応えました。
 
そして、ボウサイザーのステージショーが始まりました。災害を起こす悪者「ギャオン」とボウサイザーの3人が戦うというシナリオです。その中で披露されたボウサイダンスでは、子どもたちが手拍子をとったり、ダンスに合わせてからだを動かしたりして楽しんでいる様子でした。最後はボウサイザーから「ボウサイザーカード」や防災の知識をまとめた「防災手帳」、出張防災教室限定の「防災すごろく」をプレゼントしました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
IMG_4052
 
IMG_4098
 
IMG_4092
 
IMG_4167

鹿島中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年6月26日(火)10時30分から
場所:南相馬市立鹿島中学校
参加者数:約340名
 
 
JAふくしま未来とJA共済連福島は、福島県警察本部、南相馬警察署と連携し、鹿島中学校でスタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを
生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
今年度3回目の会場は南相馬市の鹿島中学校で開催しました。当日は天候に恵まれ気温は30度近い夏日でした。
まずはじめに、南相馬警察署による交通安全講話が行われ、市内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
次に、いよいよスタントマンによる交通事故再現がはじまりました。事故の恐ろしさだけでなく、「内輪差」や「車からの死角」、「運転手とのアイキャッチ」など交通事故を防ぐ知識の勉強も分かりやすく伝えることができました。
 
鹿島中の皆様がこれから生活をするうえで、交通ルールを守り、安全な生活を送っていただきたいと願っています。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01
 
02
 
03
 
04

浅川中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年6月11日(月)13時30分から
場所:浅川中学校
参加者数:約240名
 
JA夢みなみとJA共済連福島は、福島県警察本部、石川警察署と連携し、浅川中学校にて、スタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
当日は雨が振り、グラウンドの状態も良くない、あいにくの天気の中、交通安全教室が始まりました。石川警察署による交通安全講話では、石川郡内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
 
その後、スタントマンによる交通事故再現です。
最初の自転車事故が起きたとき、生徒たちは「恐い、大丈夫かな」など心配の声があがりました。終わりに、「交通事故が恐いと思った人!」と司会の問いかけに生徒たちはみんな手を挙げました。
 
この交通安全教室で、改めて事故の恐さを実感したと思いますので、これからもルールを守って、行動してほしいです。
 
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01
 
02
 
04
 
03