第二回「福島県民健康セミナー~日本一の健康県を目指して」協賛

日時:平成31年3月17日(日)13:00~15:00
主催:福島民報社
後援:公立大学法人 福島県立医科大学
場所:郡山市「ビッグパレットふくしま」3階中会議室
参加者数:70名
 
 
2月16日に引き続き、福島民報社と福島県立医科大学が開催した「福島県民健康セミナー」の協賛を行いました。
今回のセミナーのテーマは「乳がん」。
 
郡山市保健所主任技査橋本克枝係長、福島県立医科大学乳腺外科学講座学内講師である立花和之進先生より、乳がんの予防、検診、診断、治療、そしてその啓発活動について、それぞれの立場から基調講演が行われました。
乳がんは自分で発見できる数少ないがんであること、がん細胞浸潤前のごく早期の段階での10年生存率はきわめて高く、だからこそ早期発見のため乳がん検診を多くの人が受けてほしいと訴えていました。
 
今回のセミナーは乳がんがテーマであるためか、女性の聴講者が多数でした。また、子供連れの若いご夫婦の聴講も見受けらました。
ただし、乳がんは決して女性特有の病気ではない、とのことです。病気に対する先入観についても考えさせられるセミナーとなりました。
締めくくりには、立花先生より「このセミナー受講をきっかけに参加者の皆さんも、乳がん検診の大切さを伝える普及啓発の役割を担っていただければ」というメッセージが伝えられました。
 
01
 
02
 
03
 
04

「県民健康セミナー~日本一の健康県を目指して」へ協賛

日時:平成31年2月16日(土)12:00~
主催:福島民報社
共催:福島県立医科大学/福島大学
協賛:JA福島共済連
場所:摺上亭大鳥
参加者数:150名
 
 
共済連福島が協賛した福島民報社主催の「県民健康セミナー~日本一の健康県を目指して」は平成31年2月16日12:00から摺上亭大鳥で開催されました。
二部構成となっているセミナーの今回のテーマは、「食」と「腰痛」です。
 
第一部の「食」では、まず、参加者に県産食材を使用した昼食を召し上がって頂き、福島大学食農学類の平修准教授による「見えないものを見る~食を通じて健康になる」の演題で本県産農産物が他県産と比べて体に良いということを、米や桃などの分析結果をもとに具体的に紹介していただきました。
 
第二部では福島医大医療人材育成・支援センター兼整形外科医の大谷晃司教授が「自分でできる腰痛対策を教えます」と題して講演しました。この中では、腰痛の種類や症状を説明し、筋肉を鍛えて可動性を良くすることが重要とし、運動療法を紹介しました。
参加者は、興味深く耳を傾け、質問コーナーでも栄養価とおいしさのバランス、症状に適した運動についての熱心な質疑応答も行われました。
 
 
01
 
02
 
03
 
04

プロ野球「47年会」少年野球教室を開催

日時:平成30年12月2日(日)午前10時00分から
 
場所:JA福島ビルグラウンド
参加者数:100名
 
テレビユー福島とJA共済連福島は、昭和47年生まれのプロ野球選手でつくる「47年会」を招き、県内の少年野球12チーム約100人を対象に、福島市のJA福島ビルグラウンドで少年野球教室を開催しました。
講師は47年会会長の元北海道日本ハムファイターズで、昨年から日本代表監督として活躍されている稲葉篤紀さん、元中日ドラゴンズの和田一浩さん、元西武ライオンズの西口文也さんら12名の元選手です。
少年野球教室は午前の監督コーチを対象とした指導者講習会と、午後の野球教室の2部構成で行われました。
 
指導者講習会では、ピッチングコントロールやスイングの方法など指導で悩まれている監督やコーチからの質問に、稲葉会長を始め、47年会の講師の方々にお応えいただきました。
 
午後の野球教室では、「バッティング」「キャッチボール」「ストレッチ」「守備」「ピッチング」の5部門に分かれ、一人ひとり丁寧に指導を受けました。教室後には、元プロ野球選手対少年野球チーム代表の交流試合を行い、グラウンドは大変盛り上がり、交流を深めました。
 
 
閉会式では、JA共済連福島の菅野本部長から講師に県産りんごを贈呈し、稲葉会長からは直筆のサインボールを子どもたち一人ひとりに手渡しでプレゼントし、将来の活躍を激励しました。
また、福島民報から号外も配られ、それを見て子ども達は喜び、笑顔で野球教室は終了しました。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA会津よつばで「笑いと健康教室~笑って元気!笑いヨガ~」開催

日時:平成30年8月25日(土)午後0時30分から
場所:大川ふるさと公園 コミュニティセンターアリーナ
参加者:250名
 
JA共済では平成19年より「笑いと健康教室」に取り組んできました。
大川ふるさと公園コミュニティセンターアリーナにて、誰でもどんな時でも簡単に笑って健康になれる「笑いヨガ」を開催しました。
「笑いヨガ」とは、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせたユニークな健康法です。
 
参加者は、汗くさ笑いや、洗濯機笑いなど様々な体操で、身体も心もほぐれて楽しんでいる様子でした。
身体を動かして笑うことで、血流が良くなり身体が温まるので、気分も晴れると講師の先生は説明しました。

最後に「げらげら筋(横隔膜や喉など笑う際に使う筋肉)」をリラックスさせるストレッチで終わりました。
 
01
 
02
 
03

JA福島ビルで健康増進支援「レインボー体操研修会」を開催

日時:平成30年8月9日(木)
場所:JA福島ビル
参加者:約40名
 
8月9日(木)にJA福島ビルにおいて、JA共済ビジネスサポート(株)ならびにフタムラ式血液循環体操研究所から3名の講師を招き、「平成30年度レインボー体操研修会」を実施しました。
 
第1部の「笑いと健康講座」では、『笑う』ことが日々の健康維持にいかに重要であるか、手・指を使った遊びや、ビーチボールなどを利用したゲーム体験を通して、皆さんに実感していただきました。
第2部の「レインボー体操研修会」では、専任講師の二村ヤソ子氏、講師の二村治菜氏による講義と実技を通して、体操の基本の動きを実践することでその効果を体感していました。
馴染みのある音楽に合わせた創作体操にも挑戦し、JA女性部リーダーの方々は「地元でも続けていきたい」「女性部以外の地域のサークルでもできそう」との声を寄せて下さいました。
 
この研修会を契機に、県内に「レインボー体操」の輪が広がって、地域の皆さんが健康でいられるよう、今後も健康増進支援などによる地域貢献活動を行っていきます。
 
01
 
02
 
03
 
04

JAふくしま未来 「レインボー体操」を開催

日時:平成30年5月18日(金)
場所:JAふくしま未来 北信支店
参加者数:約90名
 
JAふくしま未来とJA共済連福島は、JAふくしま未来 北信支店において、JAふくしま未来「女性部本部リーダー研修会」の一環で「レインボー体操」を開催しました。
 
頭と身体を使うゲームを交えながら、レインボー体操体操について説明と練習を行いました。
その後、DVDを見ながら体操の実践です。
最後は「花は咲く」「明日輝くために」の音楽に合わせてアレンジした体操で終わりました。
参加者の皆さんは身体を気持ちよく動かして、楽しんでいたようでした。
 
 
レインボー体操は、簡単にいうと血液循環体操です。筋肉を動かすことで血流をよくし、血液中の酸素と栄養を細胞に届け、細胞から二酸化炭素と老廃物を受け取って心臓に戻すことで、健康をめざします。痛みや衰えが気になる部分の筋肉を動かしたり、刺激することで、症状の改善が期待できます。
 
03
 
04
 
01
 
02

JAふくしま未来で笑いと健康教室~笑って元気!笑いヨガ~開催

日時:平成28年10月13日(木)午後2時から午後3時まで
場所:JAふくしま未来 北信支店
参加者:80名
 
JA共済では平成19年より「笑いと健康教室」に取り組んできました。
 
今回JAふくしま未来北信支店では、誰でもどんな時でも簡単に笑って健康になれる「笑いヨガ」を開催しました。
 
「笑いヨガ」とは、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせたユニークな健康法です。
講師の高田佳子先生のパワフルで明るい指導のもと、参加者の皆さんと笑いヨガを体験しました。
 
01 02
 
03 04