プロ野球「47年会」少年野球教室を開催

日時:平成29年12月3日(日)午前10時00分から
場所:JA福島ビルグラウンド
参加者数:200名
 
JAふくしま未来とJA共済連福島は、昭和47年生まれのプロ野球選手でつくる「47年会」を招き、県北・相双地区の少年野球12チーム約100人を対象に、福島市のJA福島ビルグラウンドで少年野球教室を開催しました。
講師は47年会会長の元北海道日本ハムファイターズで、今年7月に日本代表監督に就任した稲葉篤紀さん、元中日ドラゴンズの和田一浩さん、元西武ライオンズの西口文也さんら15名の元選手です。
午前中は参加チームの監督コーチを対象とした指導法をテーマとした講義が行われました。皆さん子ども達の技術向上のため、積極的に質問をしたり相談する場面が多く見られました。
 
午後から行われた野球教室では「バッティング」「キャッチボール」「ストレッチ」「守備」「ピッチング」の5部門に分かれ、子どもたちは細かく指導を受けました。最後に元プロ野球選手対少年野球チーム代表の交流試合を行いました。今年は子どもたちがピッチャーをして元プロ野球選手と対決する場面もあり、グラウンドは大変盛り上がりました。
 
講師には地元のりんごをJAふくしま未来の菅野組合長から贈呈し、選手たちは直筆のサインボールを少年たちに一人ひとり手渡しし、将来の活躍を激励しました。
また、福島民報から号外も配られ、それを見て子ども達は喜び、笑顔で野球教室は終了しました。
 
 
◎福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2017120447319
 
 
01
 
02
 
03
 
04