活動レポート
くるま

須賀川市立大東小学校で「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」開催

開催日時:令和2年12月10日(木)10:35~
開催場所:須賀川市立大東小学校 体育館
参加者:児童51名(3、4年生クラス)
 
須賀川市立大東小学校体育館で介助犬のお仕事紹介(デモンストレーション)「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」をJA夢みなみとJA共済連福島が共催で開催しました。
 
はじめに、大東小学校の古川久枝校長とJA夢みなみの鈴木勝良共済部長があいさつをされました。
次に介助犬について日本介助犬協会のスタッフより説明があり、身体障害者を補助する犬には、盲導犬や聴導犬、介助犬がおり、補助犬と総称されること、特に介助犬については全国に介助犬を必要とする人が多くいるのに、介助犬の数が足りないことなど話をされていました。
お仕事紹介(デモンストレーション)では、介助犬のファンタ君(ラブラドールレトリーバー・オス3歳)が落ちた鍵を拾ったり、携帯電話を探しスタッフに届ける活躍に児童たちの目は釘付けでした。児童代表が体験するコーナーもあり、体験した児童は大変感激した様子でした。
最後にJA夢みなみの鈴木共済部長より参加児童の代表に記念品を贈呈し、ファンタ君と一緒に記念撮影を行いました。
 
福島県内には介助犬と一緒に生活されている方はおらず、この活動を通して「介助犬」の役割や必要性を多くの方に知っていただき、介助犬を必要とする方の一助になればと思います。
 
01
 
02
 
03
 
04
 
05

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031