中島村立中島中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成27年6月29日(木)14時30分から
場所:中島村立中島中学校
参加者数:約160名
 
JA夢みなみとJA共済連福島は、福島県警察本部、白河警察署と連携し、中島村立中島中学校にて、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
時速40kmで走る車が自動車に衝突する音を聞いた生徒たちは「うわー」と驚きの声をあげました。
実際に起きてしまった事故を再現したアクションスタントは、どれもいつ起きてもおかしくないものばかりです。生徒たちは交通事故の悲惨さを体感し、交通ルールを守る大切さを学びました。中島中学校では自転車通学の生徒が多いそうですので、この経験を忘れずに交通ルールを守って通学して欲しいと思います。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01
 
02
 
03
 
04