会津若松市「会津若松ワシントンホテル」にてママフェスを開催

日時:平成30年10月21日(日)午後1時00分から
場所:会津若松ワシントンホテル
参加者数:120名

福島テレビとJA共済連福島は、10月20日日曜日に会津若松ワシントンホテルにおいて「ママフェス」を開催しました。
「ママフェス」とは“イクメン”タレントによる、子育てトークショーやウェルカムコンサートなど、福島県内のママ・パパを対象としたイベントです。10月20日(土)白河会場から、12月9日(日)いわき会場まで、県内6会場で開催予定です。
大好評につき、今年で3年目の開催となるママフェスは、前回に引き続きコーディネーターとして全会場をまわる“スーパーパパ芸人”「タケト」さんによるベビーマッサージの紹介や、ゲストとの子育てトークショーなど充実した内容をお楽しみいただけます。
 
第2回のゲストは、「モーニング娘。」として活躍され、ママタレントとして多数バラエティ番組やCMに出演中「藤本美貴」さんです。
旦那さんの庄司智春さんとの生活のお話や、2人のお子さんのお話をお伺いしました。
藤本さんは、何気ない生活の中でも、旦那さんからのありがとうの感謝の一言があるだけで全然気持ちが違うと話し、感謝の気持ちをきちんと伝える大切さをあらためて気づかされました。
 
 
次回は10月28日(日)福島会場にて、くわばたりえさんをゲストに迎え開催します。皆さまお楽しみに!
 
001
 
002
 
003
 
004

白河市「東京第一ホテル 新白河」にてママフェスを開催

日時:平成30年10月20日(土)午後1時00分から
場所:東京第一ホテル 新白河
参加者数:120名

福島テレビとJA共済連福島は、10月20日日曜日に東京第一ホテル新白河において「ママフェス」を開催しました。
「ママフェス」とは“イクメン”タレントによる、子育てトークショーやウェルカムコンサートなど、福島県内のママ・パパを対象としたイベントです。10月20日(土)白河会場から、12月9日(日)いわき会場まで、県内6会場で開催予定です。
大好評につき、今年で3年目の開催となるママフェスは、前回に引き続きコーディネーターとして全会場をまわる“スーパーパパ芸人”「タケト」さんによるベビーマッサージの紹介や、ゲストとの子育てトークショーなど充実した内容をお楽しみいただけます。
 

第1回のゲストは、「モーニング娘。」として活躍され、卒業後は音楽・舞台・ドラマ・バラエティ番組等で幅広く活動されている「保田圭」さんです。
今年の1月に誕生したお子さんのお話や、子育と仕事の両立のお話など楽しいトークショーで会場は盛り上がりました。他にも参加者のみなさんからの質問コーナーもあり、離乳食のレシピなど保田さんの育児法を教えていただきました。
 
 
次回は10月21日(日)会津会場にて、藤本美貴さんをゲストに迎え開催します。皆さまお楽しみに!
 
02
 
03
 
04
 
DSC_3193

防災戦隊ボウサイザーの防災教室特番総集編の放送!

日時:平成30年10月20日(土)
 
JA共済連福島は、7月~8月にかけて「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
 
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
 
全4回開催された「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を特番総集編としてラジオ福島より放送していただきました。
 
ボウサイザーの防災教室に講師参加いただいた福島県防災士会理事長の藁谷俊史さん、気象啓発パンフレットの提供と防災紙芝居をお貸しいただいた福島地方気象台次長の松岡稔さん、そして、「防災教室」限定のノベルティ「ボウサイザーすごろく」の監修をお願いしたFUREの本多環先生から、それぞれのお立場から発信する「防災」についてお話しいただきました。どのお話もわかりやすくまとめていただき、改めて災害の怖さと防災の知識の大切さに気付かされる内容でした。
 
番組の途中では、防災戦隊ボウサイザーショーのダイジェストや防災教室の子ども達の感想なども放送していただきました。
 
 
 
これからも「ふくしま防災アクション」の活動を続けていき、より多くの人に防災の大切さを伝える活動をしていきます。
 
参加された皆さまありがとうございました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
 
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
IMG_4027
 
DSC_3043
 
DSC_3035
 

「防災フェア」にボウサイザー出動

日時:平成30年10月20日(土)
場所:津若松市鶴ヶ城体育館前駐車場ステージ
参加者数:約50名(観客数)
 
JA共済連福島は、10月20日(土)に津若松市鶴ヶ城体育館前駐車場で開催された、『防災フェア』にて『ふくしま防災アクション』の一環としてステージショー『防災戦隊ボウサイザー』を行いました。
 
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
ステージでは、防災戦隊ボウサイザーが地震怪獣グラン・ドスンと戦うショーを行い防災ダンスやアクションや交えた内容で観客の皆さんに楽しんでいただきました。今回のショーは「地震」に焦点を当て、地震が起きた際の対処方法を学ぶだけでなく、福島復興への想いを込めた構成で防災の知識をご紹介しました。
 
ステージ後のグリーディングではたくさんの子ども達がボウサイザーの近くに集まり、記念撮影をしたり、ボウサイザーが描かれたカードをプレゼントいたしました。
 
_DSC_0673
 
_DSC_0677
 
_DSC_0734
 
_DSC_0760

ボウサイザー出動予告&防災アクションラジオ特番予告 

日時 10月20日(土)
場所 会津若松市鶴ヶ城体育館前駐車場ステージ
 
 
■ ボウサイザー出動 ■
JA・JA共済では地域貢献活動の一環として、『ふくしま防災アクション』を実施しております。『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
10月20日に行われる『防災フェア』にて『防災戦隊ボウサイザーショー』を披露します。
今回のステージショーは11:10~30分間のショーを行います。
 
ステージショー付近の時間帯には、ステージ近くでグリーディングも行いますので、楽しみにお待ち下さい。
他にも、楽しいコンテンツが目白押しのイベントですので、皆様のご来場をお待ちしております!
URL : http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025b/bousaifair2018.html
 
 
■ 防災アクションラジオ特番 ■ 
また、同日にラジオ福島の放送にて、12:20~12:40の時間帯に、2018年7月~8月にかけて実施した防災戦隊ボウサイザーによる防災教室を振り返るとともに、防災に関する専門家の方々にも新たにインタビューを実施し、皆様に防災に関する知識を深めてもらえる番組をが放送されます。
皆様、こちらもよろしくお願いいたします。
 
 
 
front
 
タイムスケジュールをPDFでダウンロード
 
 
back
 
会場案内をPDFでダウンロード 

ふくしま防災アクション「第3回 KFBまつり」にて展開!

日時:平成30年10月13日(土)・14日(日)午前10:00~午後5:00
場所:郡山市 宝来屋郡山総合体育館
参加者数:13,600名(KFBまつり来場者)
 
 
JA共済連福島は、10月13日(土)と14日(日)に宝来屋郡山総合体育館において開催された「KFBまつり」にて『ふくしま防災アクション』の一環として「VR消火訓練シミュレータ」とステージショー「防災戦隊ボウサイザー」を行いました。

『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
ブースで行った「VR消火訓練シミュレータ」は、VR (Virtual Reality)の360°画像により、火災や煙などをリアルな映像で再現した体験型の消火訓練です。小さいお子さんから大人の方まで沢山の方に体験していただき、消火器を使った適切な初期消火を学んでいただきました。
他にも、これまでの『ふくしま防災アクション』の活動映像を放映しました。また、ブースにご来場いた方には「ボウサイザーカード」や「防災手帳」など楽しみながら防災を学べるグッズをプレゼントしました。

 
ステージでは、ボウエンレッド、タイシンイエロー、ボウスイブルーから構成される「防災戦隊ボウサイザー」による、歌とダンスとアクションを交えた防災を学べるショーを行いました。今回は地震から身を守る方法を学ぶシナリオで、大地震怪獣グラン・ドスンとボウサイザーが戦うストーリーでした。
 

01
 
02
 
03
 
04

郡山女子大学附属高校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年10月11日(木)15時00分から
場所:郡山女子大学附属高等学校
参加者数:約350名
 
JA福島さくらとJA共済連福島は、福島県警察本部、郡山警察署と連携し、でスタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 

今年度最後の「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」は、生憎の雨での開催でしたが、場所や内容を少し変更し開催いたしました。
まずはじめに、郡山警察署による交通安全講話が行われ、市内の交通事故状況や、自転車安全利用のお話を伺いました。
いよいよスタントマンによる交通事故再現がはじまりました。実際にあった恐ろしい事故の再現を中心に、自動車と歩行者の事故や自転車と歩行者の事故などの再現していただきました。実演が進むにつれ、プロの迫力と事故の臨場感に引き込まれていたようです。
郡山女子大学附属高等学校の皆様がこれから生活をするうえで、交通ルールを守り、安全な生活を送っていただきたいと願っています。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
IMG_6944
 
IMG_6969
 
IMG_7008
 
IMG_7015

第3回KFBまつりにボウサイザー出動!

日時 10月13日(土)、10月14日(日) 午前10:00~午後5:00
場所 郡山市 宝来屋郡山総合体育館
 
【ボウサイザー出動予告】
 
JA・JA共済では地域貢献活動の一環として、『ふくしま防災アクション』を実施しております。『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
10月13日、14日に行われる『第3回KEBまつり』にて『ふくしま防災アクション』を開催します。
今回のイベントでのステージショーは14日(日)11:10~30分間のショーのみとなります。
両日ともに、ブース内では『ふくしま防災アクション』の活動紹介や『VR消火シミュレーター』を設置し、VRで火事の消火を体験出来るコンテンツを用意しております。
 
他にも、楽しいコンテンツが目白押しのイベントですので、皆様のご来場をお待ちしております!
URL:https://www.kfb.co.jp/festival/
 
ボウサイザー宣材

平成30年度 JA共済福島県小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール審査会開催

日時:【交通安全ポスターコンクール】平成30年9月27日(木)午前9時30分から
   【書道コンクール】平成30年10月1日(月)午前9時30分から
場所:JA福島ビル
参加者:40名
 
JA共済では、地域貢献活動の一環として県内の小・中学生を対象に今年度で第62回目の「書道コンクール」第47回目の「交通安全ポスターコンクール」を開催しました。
小・中学校553校から選ばれて寄せられた力作は書道4,882点、交通安全ポスターは385校から2,063点、合計で6,945点にのぼり、今年度も多数の応募をいただきました。
審査会ではその中から金賞や特別賞など各賞を選定しました。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA福島さくら・JAふくしま未来がJA共済アンパンマン交通安全キャラバンを実施!

日時:平成30年9月29日(土)【1回目】11時00分から【2回目】14時00分から 
場所:いわき市文化センター
参加者数:約500名
 
日時:平成30年9月30日(日)【1回目】11時00分から【2回目】14時00分から 
場所:JA福島ビル 10階 1001会議室
参加者数:約500名
 
 
JAとJA共済では、幼児がいるご家族のためにJA共済のイメージキャラクターである「それいけ!アンパンマン」のイベント「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を実施しております。
 
アンパンマンの掛け声に「はーい!」と大きな声で応えて、子どもたちは目を輝かせて楽しんでいました。歌にあわせて踊ったり、体を動かしたりしながら、親子で楽しみながら交通ルール学んでいました。
 
01
 
02 (1)
 
03
 
04
 
05