JA共済 ふくしま防災アクション開催

開催日時:平成29年3月25日(土)・26日(日)午前10時から
場所:ビッグパレットふくしま
参加者数:減災縁日参加者約1000名のほか 中テレ祭来場者に地域貢献活動ノベルティ7200名に配布
 
JA共済連福島は、3月25日(土)と3月26日(日)にビッグパレットふくしまにおいて開催された「中テレまつり」にて『ふくしま防災アクション』の一環として「減災縁日(げんさいえんにち)」とステージショー「防災戦隊ボウサイザー」を行いました。
 

『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
 
減災縁日は、火災、地震、水害の学習ができる親子向けの体験型ブースです。
体験していただいた方には「ボウサイザーカード」をプレゼントし、3ブース全てまわった方には災害時に役に立つ情報を集約した「防災手帳」をプレゼントしました。当日は多くの親子が参加しました。参加者は、協力していただいた郡山地方広域消防組合消防本部の消防隊員や、気象庁福島地方気象台の方と災害が起きたときの対処について話し合う場面も多くみられ、防災の知識も深まったのではないかと思います。
 
ステージでは、ボウエンレッド、タイシンイエロー、ボウスイブルーから構成される「防災戦隊ボウサイザー」が歌と踊りとアクションを交えた防災を学べるショーを行いました。子どもたちは、踊りを真似しながら楽しんでいた様子でした。
 
01
 
02 (1)
 
03
 
04