活動レポート
いえ

石川文化幼稚園で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:2021年1月14日(木)10:00~
場所: 石川文化幼稚園(石川町)       
参加者:約36名(園児約31名、先生約5名)
 
JA共済連福島は、1月14日(木)に石川文化幼稚園において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、災害時に落ち着いて的確な行動を起せることを目的とした活動です。  
 
今回も「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」は新型コロナウイルス感染症対策をとりながらの実施となりました。
出演者の検温やアルコール消毒、ステージと園児たちとの距離を離したり、関係者の人数制限、開催時間を例年よりも短くするなどの対策をとりながら実施いたしました。
はじめに須賀川地方広域消防本部 石川消防署による「防災講話」では、オリジナルの紙芝居で、火事の怖さや防災について分かりやすく教えていただきました。火事で最も恐いのは、炎ではなく煙であることを子ども達に伝え、火事の時の避難は煙を吸わないよう口と鼻を押さえ、体勢を低くして逃げることを教えていただきました。
 
最後は園児たちが待ちに待ったボウサイザーのステージショーです。     
初めは緊張していた園児達も、ショーの中では身体を動かしながら防災の知識を学ぶ「ボウサイダンス」では、ボウサイザーの動きに合わせて、一緒にリズムに乗って楽しそうにダンスをしていました。ボウサイザーから園児一人ひとりに「ボウサイザーグッズ」をプレゼントするところですが、新型コロナウイルス感染症対策のため、今回は園にお渡しして、先生方から園児たちに渡していただきました。
 
今回、年長組の園児だけの参加でしたが、年中・年少の園児のために、急遽、外のステージで「ボウサイダンス」を披露しました。先生達も一緒に踊っていただき、園児達も楽しそうに踊っていました。
 
 
今年度の防災教室は新型コロナウイルス感染症対策をとりながらの実施でしたが、今年度もたくさんの子供達の笑顔を見ることができました。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。
  
 
「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」ミッションコンプリート!
災害はいつ起こるか分からなく怖いものだけど、日頃から防災について学んでいれば、いざという時に対応できるよ!
参加してくれた子ども達!またいつか会える日まで!
みんなで防災、みんながヒーロー!
じゃあね~!
 
01
 
02
 
03
 
04

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031