ふくしま防災アクション「第2回JAまつり」にて開催!

日時:平成29年10月28日(土)・29日(日)
場所:南相馬ジャスモール
参加者数:約500名(ブース来場者)
 
JA共済連福島は、10月28日(土)と29日(日)に南相馬ジャスモールにおいて開催された『第2回JAまつり』、同時開催の『福島県防災フェア』にて『ふくしま防災アクション』の一環として『減災縁日(げんさいえんにち)』とステージショー『防災戦隊ボウサイザー』を行いました。
 
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
福島地方気象台と連携をし、減災縁日を開催いたしました。今回は、子ども向けに防災の◯×クイズを出題して、正解だと思うゴールにボールを入れる体験型ブースです。ゴールはサッカーとバスケットボールのゴールを用意して、子ども達に楽しく防災を学んでもらえる◯×クイズでした。
体験していただいた方には『ボウサイザーカード』と『防災手帳』のプレゼントを行いました。
 
ステージでは、ボウエンレッド、タイシンイエロー、ボウスイブルーから構成される『防災戦隊ボウサイザー』が歌と踊りとアクションを交えた防災を学べるショーを行いました。
生憎の天候ではありましたが、2日間とも多くのお客さんにお越しいただきありがとうございました。
 
01
 
02
 
03
 
04