「防災フェア」にボウサイザー出動

日時:平成30年10月20日(土)
場所:津若松市鶴ヶ城体育館前駐車場ステージ
参加者数:約50名(観客数)
 
JA共済連福島は、10月20日(土)に津若松市鶴ヶ城体育館前駐車場で開催された、『防災フェア』にて『ふくしま防災アクション』の一環としてステージショー『防災戦隊ボウサイザー』を行いました。
 
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
ステージでは、防災戦隊ボウサイザーが地震怪獣グラン・ドスンと戦うショーを行い防災ダンスやアクションや交えた内容で観客の皆さんに楽しんでいただきました。今回のショーは「地震」に焦点を当て、地震が起きた際の対処方法を学ぶだけでなく、福島復興への想いを込めた構成で防災の知識をご紹介しました。
 
ステージ後のグリーディングではたくさんの子ども達がボウサイザーの近くに集まり、記念撮影をしたり、ボウサイザーが描かれたカードをプレゼントいたしました。
 
_DSC_0673
 
_DSC_0677
 
_DSC_0734
 
_DSC_0760