認定こども園上保原で「ガンバレ!介助犬、JA共済はたらくワンワンランド」を開催

開催日時:平成26年11月5日(水)10:00~
開催場所:認定こども園 上保原
参 加 者:園児177名
 
JA伊達みらいとJA共済は、交通事故の被害者の社会復帰を応援する活動の一環として、介助犬の普及啓発を支援しています。
11月5日(水)、伊達市の認定こども園上保原で介助犬のデモンストレーションを行いました。
参加した同園の園児177名の児童を前に、日本介助犬協会のインストラクターと、PR犬であるラブラドールレトリバーのチャロ君が、介助犬がどのように障害を負った方のお手伝いをするのか披露しました。
参加した園児は、「靴下を脱がせてカゴにいれる」「携帯電話を探して持ってくる」といったデモンストレーションを通して、介助犬の役割を学びました。JA伊達みらいとJA共済連福島から園児たちへ、これからも介助犬をよく知って欲しいという想いを込めて、記念品が贈られました。また、園児からも感謝の気持ちとして、手作りの首輪が贈られました。首輪をかけてもらったPR犬のチャロ君も、得意気なようでした。
 
IMG_1025 IMG_1027

IMG_1037 IMG_1063

IMG_1088 IMG_1101