活動レポート
くるま

会津若松市立第一中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:令和2年8月25日(火)13時20分から
場所:会津若松市立第一中学校
参加者数:約485名
 
 
JA会津よつばとJA共済連福島は、福島県警察本部、会津若松警察署と連携し、スタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
今回の「生徒向け交通安全教室」は7月28日に開催予定でしたが、天候が悪く順延となっていました。当日は、会津地方最高気温35度の猛烈の暑さのため生徒たちの安全性を考え、学校長あいさつ、JA代表あいさつ、会津若松警察署による交通安全講話は校内放送で行いました。
スタントマンによる自転車交通安全の実演は、予定通り校庭で行いました。
 
生徒たちはなかなか見ることの出来ない交通事故の再現を真剣な眼差しで見ていました。特に危険性を訴えたことは、歩行者に道を譲ること、ヘッドホンとスマホ等の「ながら運転」の危険性を中心に自転車走行の注意点を伝えていました。
日差しの強いなかの実施でしたが、生徒たちの積極性が感じられ、交通事故に対する意識が高まったことを感じました。
 
01-2
 
02-2
 
03-2
 
04-2

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930