二本松南小学校で「ガンバレ!介助犬、JA共済はたらくワンワンランド」を開催

開催日時:平成26年10月10日(木)10:30~
開催場所:二本松市立岳下小学校
参 加 者:3・4年生92名
 
JAみちのく安達とJA共済は、交通事故の被害者の社会復帰を応援する活動の一環として、介助犬の普及啓発を支援しています。
10月10日(木)には、昨日開催した二本松市の岳下小学校に
続き、同市内の二本松南小学校で介助犬のデモンストレーションを行いました。
参加した同小学校3・4年生92名の児童を前に、日本介助犬協会のインストラクターと、PR犬であるラブラドールレトリバーのチャロ君は、介助犬がどのように障害を負った方のお手伝いをするのか披露しました。
 
絵本の読み聞かせ・冷蔵庫を開け閉めして飲み物を持ってくる・携帯電話を探してくる、といったデモンストレーションの数々に、児童たちは興味津々で介助犬について学んでいました。
 
IMG_0406 IMG_0399
 
IMG_0415 IMG_0429
 
IMG_0437 IMG_0454