活動レポート
くるま

福島県立平工業高校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:令和2年10月29日(木)13時30分から
場所:福島県立平工業高校校庭
参加者数:約670名
  
JA福島さくらとJA共済連福島は、福島県警察本部、いわき中央警察署と連携し、スタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け自転車交通安全教室(スケアード・ストレート)」を開催しました。
 
今年度5回目の生徒向け自転車交通安全教室は、秋晴れのなか平工業高校の校庭で行われました。教頭先生のお話では、学校の立地環境から自転車通学の生徒が多く、自転車の交通安全教室は生徒を守るうえで大切な授業であり、スタントマンの実演をショーではなく自分に置き換えて見て欲しいと話していました。
その後、いわき中央警察署交通第一課 小沼修治係長より自転車事故の傾向について交通安全講話を頂きました。
スタントマンによる実演では、交通事故の再現だけでなく、自転車走行時の6つの違反を答えるクイズや内輪差の怖さを体験する実演参加など、生徒たちも積極的に参加して有意義な交通安全教室を開催することができました。これから、日没時間が早くなり、自転車の交通事故も増える時期ですが、この授業で学んだことを活かして大事な未来ある命の安全を守って頂きたいです。
 
01
 
02
 
03
 
04

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30