ふくしまキッズ博にて「防災戦隊ボウサイザー」ステージショー開催

開催日時:平成30年7月28日(土)・29日(日)
場所:福島県営あづま総合体育館
参加者数:ステージ観覧者約400名(2日間合計)
 
JA共済連福島は、7月28日(土)と7月29日(日)に県営あづま総合体育館において開催された「ふくしまキッズ博」にて『ふくしま防災アクション』の一環として「防災戦隊ボウサイザー」ステージショーを行いました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
ステージ内容は、福島を火事でめちゃくちゃにしようと企んでいる「炎の怪人ファイヤイヤー」をボウサイザーが福島を守るために戦うストーリーです。ショーの最後には、防災の知識を楽しく知ってもらうための「防災ダンス」を踊って、観客の皆さんに楽しんでいただきました。
今回のショーは「火事」に焦点を当て、火事が起きた際の対処方法や火事を未然に防ぐために気をつけることや、災害時に大切な避難方法を伝えることができました。 

2日間とも多くのお客さんにお越しいただきありがとうございました。
 
 
↓こちらから「防災ダンス」が視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
_MG_4987
 
_MG_5058
 
_MG_5073
 
_MG_4905のコピー

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第2弾を南部アリーナ体育館で開催!

日時:平成30年7月27日(金)午前9時15分から
場所: 南部アリーナ体育館
参加者:26名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子ども達の健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第2弾はバンディッツいわきU-12の皆さんです。
 
はじめに、JA福島さくらからスポーツドリンクや記念品、ユナイテッドFCからは試合入場券とボールが選手達に贈呈されました。
今回は体育館での開催となり、子ども達と一緒にゴールポストの準備をしてから練習を開始いたしました。
渡辺コーチ、小峯コーチはフィールドプレーヤーの指導、井上コーチはキーパーの指導をしていただきました。
子ども達は、汗をかきながらもプロの指導を真剣な表情で聞きいていました。
楽しそうに笑顔でプレーする子どもたちの姿が印象的でした。最後に子どもチームと大人チームに分かれたゲームを行い、白熱した試合が繰り広げられました。
 
 
次回のドリームサッカー教室は、8月1日(水)に松長小学校で開催します。
 
IMG_4921
 
IMG_5016
 
IMG_5130
 
IMG_5206

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第1弾を東部スポーツ広場で開催!

日時:平成30年7月25日(水)午前10時00分から
場所: 東部スポーツ広場 
参加者:14名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第1弾はFCアレグリアの皆さんです。
 
はじめに、JA福島さくらからスポーツドリンクや記念品、ユナイテッドFCからは試合入場券とボールが選手達に贈呈されました。
メニューは2クラスに分かれ、渡辺コーチ、小峯コーチ、井上コーチ、の指導のもと、それぞれのレベルに応じた練習を行いました。
子ども達は、汗びっしょりになりながらもプロの指導を真剣な表情で聞きいていました。暑い中、楽しそうに笑顔でプレーする子どもたちの姿が印象的でした。最後に子どもチームと大人チームに分かれたゲームを行い、白熱した試合が繰り広げられました。
30度を超える猛暑の中での開催でしたが、子ども達は大きな声を出し、一生懸命ボールを追いかけていました。
 
次回のドリームサッカー教室は、7月27日(金)に南部アリーナ体育館で開催します。
 
 
IMG_4567
 
IMG_4676
 
IMG_4740
 
IMG_4862

三島中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年7月13日(金)14時00分から
場所:三島町立三島中学校
参加者数:約50名
 
 
JA会津よつばとJA共済連福島は、福島県警察本部、会津坂下警察署と連携し、でスタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
今年度4回目の会場は三島町の三島中学校で、今回は昭和中学校の皆様も参加しての合同開催となりました。当日は天候に恵まれ気温は30度近い夏日で、途中休憩を挟みながらの進行となりました。
 
まずはじめに、会津坂下警察署による交通安全講話が行われ、市内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
 
次に、いよいよスタントマンによる交通事故再現がはじまりました。実際あった恐ろしい事故の話も踏まえながら、事故の原因となる「内輪差」や「車からの死角」、事故を未然に防ぐための「運転手とのアイキャッチ」など交通事故を防ぐ知識の勉強も分かりやすく伝えることができました。
 
 
三島中学校・昭和中学校の皆様がこれから生活をするうえで、交通ルールを守り、安全な生活を送っていただきたいと願っています。主にバスでの通学をしているそうですが、休日などに自転車を使う場面で今日学んだことを生かしていただきたいです。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
 
IMG_4195
 
IMG_4227
 
IMG_4359
 
IMG_4405

JA共済「親と子の交通安全ミュージカル 魔法園児マモルワタル」棚倉町文化センター 「倉美館」にて公演!!

開催日:平成30年7月13日(金)10:00開演
 
主催:JA東西しらかわ、JA共済連福島
後援:内閣府、警察庁、国土交通省
推薦:全日本交通安全協会
参加者:497名
 
 
JA東西しらかわとJA共済連福島は「親と子の交通安全ミュージカル 魔法園児 マモルワタル」の公演を棚倉町文化センター倉美館大ホールで7月13日金曜日に開催しました。
当日は、棚倉町・矢吹町・矢祭町・鮫川村・塙町および白河市の幼稚園児・保育園児・先生あわせて合計497名をご招待し、交通安全について学べるミュージカルを鑑賞して頂きました。
このミュージカルは、鑑賞するだけではなく、舞台に上がり出演者と一緒に正しい横断歩道の渡り方などを学べる、体験型ミュージカルです。
 
元気一杯の園児たちはとても楽しそうに参加していました。道路を横断する際の注意点を確認する場面では、ステージからの呼びかけに合わせて、「手を挙げる!」と大きな声で応えていました。
このミュージカルをきっかけに、家族でも交通ルールを再確認していただきたいと思います。
 
 
参加していただいたみな様、ありがとうございました!
 
 
当日の様子がYouTubeとFacebookにアップされています。
 
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=i6NRw8001AY
 
Facebook:http://ur0.work/HCYx 
 
魔法園児マモルワタルの活動はこちらからご覧いただけます。
https://ameblo.jp/mamoru-wataru/
 
  
01
 
02
 
03
 
04

郡山女子大学附属幼稚園で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:平成30年7月11日(水)
場所:郡山女子大学附属幼稚園
参加者:158名(園児128名、先生、実習生30名)
 
 
JA共済連福島は、7月11日(水)に郡山女子大学附属幼稚園において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
福島防災士会によるお話では、はじめに子ども達に防災士の仕事について、みんなの命を守ったり、災害が起きた時に避難所のお手伝いや災害を受けた場所の片付けなどの仕事をしていることを教えていただきました。紙芝居「リオン」を読んでいただきました。いろいろな災害の怖さや災害の時の行動を紙芝居を使って教えていただきました。最後に「命を守ってください」と消防災士さんの声かけに、子どもたちは大きな声で元気よく「はい!」と応えました。
 
そして、ボウサイザーのステージショーが始まりました。災害を起こす悪者「ギャオン」とボウサイザーの3人が戦うというシナリオです。その中で披露されたボウサイダンスでは、子どもたちが手拍子をとったり、ダンスに合わせてからだを動かしたりして楽しんでいる様子でした。最後はボウサイザーから「ボウサイザーカード」や防災の知識をまとめた「防災手帳」、出張防災教室限定の「防災すごろく」をプレゼントしました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
IMG_4052
 
IMG_4098
 
IMG_4014
 
IMG_4167

大玉村立大山幼稚園で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:平成30年7月10日(火)
場所:大玉村立大山幼稚園
参加者:122名(園児115名、先生7名)
 
JA共済連福島は、7月10日(火)に大玉村立大山幼稚園において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
安達地方広域行政組合消防本部南消防署によるお話では、西日本の豪雨災害についての話をして、災害の時の避難方法や身を守る方法を教えてもらいました。子ども達もその場で立ち上がって、一緒に消防士さんと同じポーズをとって、災害の時の身の守り方を学びました。「みんなわかったかな?」と消防士さんの問いかけに、子どもたちは大きな声で元気よく「はい!」と応えました。
 
そして、ボウサイザーのステージショーが始まりました。災害を起こす悪者「ギャオン」とボウサイザーの3人が戦うというシナリオです。その中で披露されたボウサイダンスでは、子どもたちが手拍子をとったり、ダンスに合わせてからだを動かしたりして楽しんでいる様子でした。最後はボウサイザーから「ボウサイザーカード」や防災の知識をまとめた「防災手帳」、出張防災教室限定の「防災すごろく」をプレゼントしました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
IMG_3873
 
IMG_3919
 
IMG_3921
 
IMG_3963

南会津町立舘岩幼稚園・伊南保育所で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:平成30年7月3日(火)
場所:南会津町 舘岩会館
参加者:36名(南会津町立舘岩幼稚園・伊南保育所:園児26名、先生10名)
 
JA共済連福島は、7月3日(火)に南会津町立舘岩幼稚園・伊南保育所において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
南会津広域市町村組合消防本部によるお話では、避難の方法や災害の時の身を守るポーズを教えてもらいました。地震の時は体を丸くして「ダンゴムシのポーズ」、雷の時はしゃがんで耳を押さえる「お猿さんのポーズ」、火事の時は手で口を押さえながらしゃがむ「アライグマのポーズ」を教えもらうと、子ども達も一緒にポーズをとっていました。「みんなわかったかな?」と消防士さんの問いかけに、子どもたちは大きな声で元気よく「はい!」と応えました。
 
そして、ボウサイザーのステージショーが始まりました。災害を起こす悪者「ギャオン」とボウサイザーの3人が戦うというシナリオです。その中で披露されたボウサイダンスでは、子どもたちが手拍子をとったり、ダンスに合わせてからだを動かしたりして楽しんでいる様子でした。最後はボウサイザーから「ボウサイザーカード」や防災の知識をまとめた「防災手帳」、出張防災教室限定の「防災すごろく」をプレゼントしました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
 
01
 
02
 
03
 
04