「2018書・ポ展」開催!

JA・JA共済では地域貢献活動の一環として、小学生と中学生を対象とした書道コンクールと交通安全ポスターコンクール、高校生を対象とした交通安全CMコンテストを毎年実施しております。
7/20(金)から、昨年度開催された福島県コンクールで金賞・特別賞を受賞した作品の展示会「2018書・ポ展」を夏休みの期間中、県内6会場で開催します。
展示作品は、「福島県小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール 平成29年度優秀作品」です。
 
詳細はこちらをご覧下さい。PDFダウンロード
 
素晴らしい力作ばかりですので、お近くにお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。
 
 
 
場所/日時:
7月20日(金)~22日(日)
●イオン白河西郷店
9:00~22:00(初日は11:00~、最終日は17:00まで)
●会津若松市文化センター
9:00~17:00(初日は11:00~、最終日は16:00まで)
 
 
7月27日(金)~29日(日)
●福島市こむこむ
9:30~19:00(最終日は17:00まで)
●イオン郡山フェスタ店
9:00~21:00(最終日は17:00まで)
 
 
8月3日(金)~5日(日)
●南相馬ジャスモール
10:00~17:00(初日は11:00~、最終日は17:00まで)
●イオン郡山いわき店
8:00~21:00(初日は11:00~、最終日は17:00まで)
 
 
※写真は昨年度開催した「書・ポ展/CM展」の様子です。

01
 
02

JA福島県青年連盟、JA福島女性部協議会にはっぴ、のぼり旗贈呈

日時:平成30年6月28日(木)9時15分から
場所:JA福島ビル
 
 
JA共済連福島は、県内農業者を代表する二つの団体の活動を応援するための広報物の贈呈式を行いました。
JA福島県青年連盟 草野 城太郎 委員長にグリーンを基調としたはっぴとのぼり旗、そしてJA女性部協議会 高林 きくみ 会長に鮮やかなオレンジ色のはっぴを手渡し。贈呈後、両団体を代表して草野委員長より、次代のために農業と、JA共済の地域貢献活動を広く発信していきたいと力強い抱負がありました。
 
01 (1)
 

02 
 

03

鹿島中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年6月26日(火)10時30分から
場所:南相馬市立鹿島中学校
参加者数:約340名
 
 
JAふくしま未来とJA共済連福島は、福島県警察本部、南相馬警察署と連携し、鹿島中学校でスタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを
生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
今年度3回目の会場は南相馬市の鹿島中学校で開催しました。当日は天候に恵まれ気温は30度近い夏日でした。
まずはじめに、南相馬警察署による交通安全講話が行われ、市内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
次に、いよいよスタントマンによる交通事故再現がはじまりました。事故の恐ろしさだけでなく、「内輪差」や「車からの死角」、「運転手とのアイキャッチ」など交通事故を防ぐ知識の勉強も分かりやすく伝えることができました。
 
鹿島中の皆様がこれから生活をするうえで、交通ルールを守り、安全な生活を送っていただきたいと願っています。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA共済自転車シミュレーターによる安全運転診断を「会津若松ホタル祭り」で開催

日時:平成30年6月24日(日)12:00~17:00
場所:会津若松市ホタルの森広場
参加者数:約50名
 
 
JA会津よつばとJA共済連福島は、会津若松市ホタルの森広場において、会津若松市主催の「ホタル祭り」にブースを設け、自転車安全運転診断車すまいる号を展示し、参加者に自転車の安全運転を呼びかけました。当日は梅雨の中休みで天候に恵まれ多くの来場客がありました。
キッズわくわくランドでは、会津若松署のパトカーや白バイの展示もあり、すまいる号にもたくさんの子どもたちが興味津々に自転車安全運転診断を体験してくれました。
自転車安全運転診断車すまいる号の展示は県内初で、これからも県内各地のイベントに出展したいと考えています。

 
01
 
02
 
03
 
04

JA夢みなみ シルバー世代向け「交通安全教室」を開催

日時:平成30年6月20日(水)
場所:JA夢みなみ 白河中央支店
参加者数:約70名
  
 
JA夢みなみとJA共済連福島は、JA夢みなみ 白河中央支店において「交通安全教室」を開催しました。
はじめに、白河警察署による安全講話では、事故は交通安全の基本的なことが欠けてしまったときに起こるので、もう一度しっかり確認して欲しいと説明がありました。
特に交差点では3つの注意事項があり、1.交差点では徐行する 2.左右の安全確認 3.無理して進行しないこと が大事というお話に加え、飲酒運転も多いの
で、周りに声をかけてお酒を飲んだら絶対に運転させないように止めて欲しいとお願いがありました。
レインボー体操では、手指の運動から、胸と背中、目の運動をして、参加者の皆さんは身体をほぐし、最後は三遊亭遊馬師匠による交通安全落語が行われました。
 
01
 
02
 
03
 
04

浅川中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成30年6月11日(月)13時30分から
場所:浅川中学校
参加者数:約240名
 
JA夢みなみとJA共済連福島は、福島県警察本部、石川警察署と連携し、浅川中学校にて、スタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
当日は雨が振り、グラウンドの状態も良くない、あいにくの天気の中、交通安全教室が始まりました。石川警察署による交通安全講話では、石川郡内の交通事故状況や、自転車安全利用五則のお話を伺いました。
 
その後、スタントマンによる交通事故再現です。
最初の自転車事故が起きたとき、生徒たちは「恐い、大丈夫かな」など心配の声があがりました。終わりに、「交通事故が恐いと思った人!」と司会の問いかけに生徒たちはみんな手を挙げました。
 
この交通安全教室で、改めて事故の恐さを実感したと思いますので、これからもルールを守って、行動してほしいです。
 
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01
 
02
 
04
 
03

FCT・JA共済カップ「第37回福島県少年サッカー選手権大会」を開催

日時:平成30年6月2日(土)決勝トーナメント/3日(日)準決勝・決勝戦
場所:十六沼公園サッカー場1・2
参加者数:600名
 
JA共済連福島は、福島中央テレビとともに、福島市十六沼公園サッカー場にて行われた、FCT・JA共済カップ「第37回福島県少年サッカー選手権大会」(兼アルゼンチン代表キャンプ記念杯)に協賛し、優勝チームをはじめ入賞チームへ賞状と賞杯を授与をいたしました。
 
県内5地区の予選を勝ち抜いた、16チームが決勝トーナメントに出場しました。
日曜日の炎天下の中行われた決勝戦では、昨年優勝した「勿来・フォーウィンズ」対、初優勝を狙う「会津サントスFC」が対戦しました。前半に会津サントスFCがカウンターから1点を取ると後半は、勿来・フォーウィンズが攻勢に出てヘディングで1点をもぎ取り延長戦へもつれ込みました。延長戦でも決着がつかず、最後はPK選へ。
結果は【会津サントスFC 1-1(PK3-1)勿来フォーウィンズ】となり、会津勢の初優勝が決まりました。
 
この試合の模様は6月9日(土)午前10時半から福島中央テレビで放送されます。
 
01
 
02
 
03
 
04