平成28年度 JA共済福島県小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール審査会開催

日時:【交通安全ポスターコンクール】平成28年9月23日(金)午前9時30分から
   【書道コンクール】平成28年9月26日(月)午前9時30分から
場所:JA福島ビル
参加者:40名
 
JA共済では、地域貢献活動の一環として県内の小・中学生を対象に今年度で第60回目の「書道コンクール」第45回目の「交通安全ポスターコンクール」を開催しました。
小・中学校575校から選ばれて寄せられた力作は書道4,939点、交通安全ポスター2,019点、合計6,958点にのぼり、今年度も多数の応募をいただきました。
審査会ではその中から金賞や特別賞など各賞を選定しました。
 
01 02
 
img_20160926_132426 04

国見町立県北中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室開催

日時:平成28年9月2日(金)午後2時10分から
場所:国見町立県北中学校
参加者:約310名
 
JAふくしま未来・JA共済連福島は、福島県警察本部、福島北警察署と連携し国見町立県北中学校にて、スタントマンによる交通事故実演を通じて、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け自転車交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
最初は警察官から「自転車安全利用五則」についてのお話です。
自転車は道路の左側を通行することや、横に並んでの通行はできないことなど安全運転のルールを再確認しました。
スタントマンによる交通事故の実演では、一時停止無視から起こる事故など実際に起きてしまった事故の再現もありました。最後に「事故の恐さが分かった人!」と聞くと生徒達は「はい!」と手を挙げました。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
0902_01 0902_02
 
0902_03 0902_04

JAグループ統一交通安全 一斉街頭キャンペーン実施

日時:平成28年9月2日(金)午前7時00分から
場所:県内113ヶ所(JR駅前、JA事務所、給油所ほか)
参加者:約500名
 
JAグループ福島は「JAグループ統一交通安全キャンペーン」の一環としてJR駅前、JA事務所前や給油所、人や車の交通量の多いJR駅前など県内113ヶ所において、交通安全啓発街頭活動を実施いたしました。
 
今年で25年目の活動となりました。JR福島駅東口前では、JAグループ福島役職員、地元JAふくしま未来役職員、さらに福島県警察本部、福島ユナイテッドFCのスタッフもキャンペーンの活動に賛同していただき、交通安全を呼びかけました。
配布したのは交通安全のメッセージが印刷されたウエットティッシュです。写真はJR福島駅東口前での活動の様子です。
 
0902_01_ 0902_02_
 
0902_03_ 0902_04_