JA会津みどり「ガンバレ!介助犬、JA共済はたらくワンワンランド」を開催

開催日時:平成26年12月15日(火)8:45~
開催場所:湯川村立常勝小学校
参 加 者:全学年児童86名
 
JA会津みどりとJA共済は、交通事故の被害者の社会復帰を応援する活動の一環として、介助犬の普及啓発を支援しています。
平成26年12月15日(火)は、低気圧の影響で寒い朝となりました。授業の一環と相手して行われた介助犬のデモンストレーションは全児童を体育館に集合してもらい行われました。
参加した湯川村立常勝小学校の児童86名を前に、日本介助犬協会のインストラクターと、PR犬であるラブラドールレトリバーのチャロ君が、介助犬がどのように障害を負った方のお手伝いをするのか披露しました。
参加した児童は、「靴下を脱がせてカゴにいれる」「携帯電話を探して持ってくる」といったデモンストレーションを通して、介助犬の役割を学びました。JA会津みどりとJA共済連福島から児童たちへ、これからも介助犬をよく知って欲しいという想いを込めて、記念品が贈られました。
 
01_1 02_1
 
03_1 04_1

「JA会津いいで」では喜多方警察署の協力のもと、高齢者向けの「交通安全教室」 を 開催!

開催日時:平成26年12月12日(金)13時30分から
開催場所:JA会津いいで 農協会館2階
参 加 者:約100名
 
JA会津いいでとJA共済は、高齢者の交通事故防止をテーマに、県警本部・喜多方警察署の協力のもと、JA会津いいで農協会館2階において、「JA会津いいで交通安全教室」を実施しました。
 
はじめに福島県警察本部音楽隊によるアンサンブル演奏をしていただきました。
懐かしい歌謡曲の演奏もあり、曲に合わせ皆さんで和やかに歌いました。
次に警察官より交通安全講話と歩行者教育システム実演では、歩行システムを使用し、実際に参加者の道路を横断するスピードと、自動車の近づく距離を計り、安全確認の大切さを分かりやすく話していただきました。
その後、交通安全レインボー体操で反射神経のテストをはじめ、楽しく身体をほぐす運動を行いました。
最後にお待ちかねの五明樓 玉の輔師匠による交通安全落語で会場が大爆笑の渦に包まれました。
 
aizuiide1_1 aizuiide2_1
 
aizuiide3_1 aizuiide4_1