「JAたむら」では田村警察署の協力のもと、高齢者向けの「交通安全教室」 を開催!

開催日時:平成26年11月11日(火)10時00分から
開催場所:船引総合福祉センター
参 加 者:約100名
 
JAたむらとJA共済は、高齢者の交通事故防止をテーマに、県警本部・田村警察署の協力のもとJ船引総合福祉センターにおいて、「JAたむら 交通安全教室」を実施しました。
 
はじめに警察官より交通安全講話を分かりやすく話していただきましました。次に交通安全レインボー体操で反射神経のテストをはじめ、楽しいプログラムで身体をほぐす運動を行いました。最後にお待ちかねの林家久蔵師匠による交通安全落語で会場が大爆笑の渦に包まれました。
 
01_1 02_1
 
03_1 04_1

JA共済 福島県高校生交通安全CMコンテスト2014 表彰式

日時:平成26年11月8日(土)午後1時30分より
場所:摺上亭大鳥

福島県交通安全CMコンテスト2014の表彰式は8日、福島市飯坂町の摺上亭大鳥で行われました。
全共連県本部の主催、県、県警本部、県内各テレビ局の後援。県内16校から36作品の応募があり、その中から6作品が受賞しました。福島西高等学校デザイン科学科の作品「ルール違反はやめよう!」が最高賞である金賞に選ばれました。
 
年々、応募作品のレベルが上がってきています。今年度も審査員を悩ませるほどの力作が揃いました。
菅野好雄本部長が入賞した6校の代表者に表彰状などを手渡ししたあと、懇談として制作のエピソードなどを各校が披露し、会場は和やかなムードに包まれました。
 
入賞作品は、2015年1月に県内民放4局で放映されます。
 
金賞=福島西高デザイン科学科
銀賞=橘高放送部、会津学鳳高チーム学鳳
銅賞=安積黎明高放送委員会、郡山東高放送部、尚志高サイエンス・ラボ部
 
IMG_0472 IMG_0481 
 
IMG_0500 CM2014_受賞高校集合写真 

相馬市立中村第一中学校でスタントマンによる自転車交通安全教室を開催

日時:平成26年11月6日(木)10時30分から
場所:相馬市立中村第一中学校
参加者数:約470名
 
JAそうまとJA共済連福島は、福島県警察本部と連携し、相馬市立中村第一中学校にて、スタントマンによる自転車交通事故の実演を行い、事故の衝撃や恐さを生徒に実感していただく「生徒向け交通安全教室(スケアード・ストレイト)」を開催しました。
 
爽快な秋晴れのもと相馬市立中村第一中学校の校庭では生徒たちの見守る中、スタントマンによる交通事故再現が行われました。プロのスタントマンの迫力はテレビや映画で見る以上の迫力で生徒たちも集中して見ているようでした。この交通事故の再現を教訓に安全な自転車の運転を続けていただきたいです。
 
JA共済が中高生を対象に開催している「スケアード・ストレイト教育技法」とは、自転車交通事故の危険性を理解していただくため、スタントマンが危険な自転車走行に伴う交通事故場面を再現し、生徒が事故の危険性を疑似体験する自転車交通安全教室です。
 
01 02

03 04

認定こども園上保原で「ガンバレ!介助犬、JA共済はたらくワンワンランド」を開催

開催日時:平成26年11月5日(水)10:00~
開催場所:認定こども園 上保原
参 加 者:園児177名
 
JA伊達みらいとJA共済は、交通事故の被害者の社会復帰を応援する活動の一環として、介助犬の普及啓発を支援しています。
11月5日(水)、伊達市の認定こども園上保原で介助犬のデモンストレーションを行いました。
参加した同園の園児177名の児童を前に、日本介助犬協会のインストラクターと、PR犬であるラブラドールレトリバーのチャロ君が、介助犬がどのように障害を負った方のお手伝いをするのか披露しました。
参加した園児は、「靴下を脱がせてカゴにいれる」「携帯電話を探して持ってくる」といったデモンストレーションを通して、介助犬の役割を学びました。JA伊達みらいとJA共済連福島から園児たちへ、これからも介助犬をよく知って欲しいという想いを込めて、記念品が贈られました。また、園児からも感謝の気持ちとして、手作りの首輪が贈られました。首輪をかけてもらったPR犬のチャロ君も、得意気なようでした。
 
IMG_1025 IMG_1027

IMG_1037 IMG_1063

IMG_1088 IMG_1101