JAふくしま未来 シルバー世代向け「交通安全教室」を開催

日時:平成30年2月14日(水)
場所:ラポートあだち
参加者数:約120名
 
JAふくしま未来とJA共済連福島は、ラポートあだち2階ホールにおいて「交通安全教室」を開催しました。
警察官による交通安全講話では、地区の交通事故発生状況や自動車運転、歩行の際の注意点など、安全な生活を送るためのアドバイスを教えていただきました。
その後は交通安全レインボー体操で身体をほぐしました。レインボー体操は簡単な体操で身体をあたためることができるので、ぜひ家でも実践していただきたいです。
林家久蔵師匠による交通安全落語は、交通安全のお話の他にも、木久扇師匠のエピソードなど紹介していただき、会場は大いに盛り上がりました。
 
01
 
02
 
03
 
04 

JA福島さくら シルバー世代向け「交通安全教室」を開催

日時:平成30年2月13日(火)
場所:磐梯熱海温泉 ホテル華の湯
参加者数:約260名(JA福島さくら 100歳プロジェクト参加者)
 
JA福島さくらとJA共済連福島では、ホテル華の湯2階コンベンションホールにおいて、健康寿命100歳プロジェクト全体交流会の一環で「交通安全教室」を開催しました。
11時30分から始まった交通安全レインボー体操では、ゆったりとした音楽に合わせて身体を動かしました。
お昼を食べた後は交通安全講話です。運転免許自主返納制度や、身近に起こる交通事故のお話などを伺いました。100歳まで元気に過ごすために、あまり無理をしない生活を送っていただきたいと思います。
最後は皆さんお待ちかねの交通安全落語です。林家久蔵師匠のお噺で会場は爆笑の渦に包まれました。
 
01
 
02
 
03
 
04

東北ユースオーケストラ第6回合同練習会

実施日:平成30年2月10日(土)
場所:福島民報社ホール
 
JA共済では、東日本大震災被災3県(岩手・宮城・福島)出身の小・中・高・大学生により構成された東北ユースオーケストラ(TYO)応援しています。
第6回合同練習会が福島民報社ホールにて、2月10・11日の2日間行われました。
JA共済連福島は、団員・スタッフのみなさん約90名にお弁当や「摺上亭大鳥」への宿泊を提供しました。他にも、これまでの活動をまとめたパネルを展示し、団員、保護者の皆様に楽しんでいただきました。
 
この模様の詳細はTYOのホームページ、福島民報で紹介されています。
 
 
●TYOホームページ
http://tohoku-youth-orchestra.tumblr.com/post/170742064880/
 
●福島民報
https://www.minpo.jp/news/detail/2018021149093
 
 
 
★東北ユースオーケストラ演奏会2018 仙台公演
2018年3月31日(土)14:30開場/15:00開演
東京エレクトロンホール宮城
 
出演
演奏:東北ユースオーケストラ
音楽監督・ピアノ:坂本龍一
指揮:栁澤寿男
朗読:吉永小百合
司会:渡辺真理
 
———————————————————–
演奏予定曲
 「戦場のメリークリスマス」
 「ラストエンペラー」
 「Three TOHOKU Songs」
 「ドビュッシー 交響詩 海」
 「ストラヴィンスキー 組曲 火の鳥 1919年版」
など
———————————————————–
 

01
 
02
 
03
 
04
 
05

平成29年度 JA共済 福島県小・中学生 第61回書道コンクール 第46回交通安全ポスター 受賞作品を展示しました

場所:飯坂温泉 摺上亭大鳥
 
平成29年度福島県のコンクールで「特別賞」を受賞された作品、「全31点」を展示しました。
場所は摺上亭大鳥の2階、大浴場へ続く通路です。
 
 
今年度は、全国のコンクールにおいて「交通安全ポスターの部」で、国見町立県北中学校1年の清水万優子さんの作品が「農林水産大臣賞」に輝き、他にも「JA共済連会長賞・銀賞」「JA共済連会長賞・銅賞」「JA共済連会長賞・佳作」あわせて6作品が入賞しました。
「特別賞」受賞作品は「摺上亭大鳥」に展示するだけでなく、より多くのみなさまに見ていただこうと考えていますが、まずは最初の展示会場である「摺上亭大鳥」でご覧ください。
 
01
 
02

浅川町立里白石小学校で「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」開催

開催日時:平成30年1月18日(木)10:30~
開催場所:南相馬市立小高小学校
参加者:約25名
 
浅川町立里白石小学校図書館で介助犬デモンストレーション「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」をJA夢みなみとJA共済連福島が共同で開催しました。
 
児童たちはPR犬ヌーンちゃんがデモンストレーションを成功させると大きな拍手を送りました。落としたコインを拾ったり、隠した携帯電話を探して届けたりなど、身近で起こることを想定した場面で活躍するヌーンちゃんの姿に目が釘付けです。
 
質問コーナーでは「どういう時に吠えるんですか?」という質問があり、介助犬協会の方に「介助犬」になるまでの流れを詳しく説明していただきました。
最後に児童たちから感謝と感想の言葉があり、介助犬の大切な役割を理解していたようでした。
 
01
 
02
 
03
 
04

「10アクション活動展」開催中!

日時:平成30年1月9日(火)~3月31日(土)まで
場所:摺上亭大鳥 2階 小会議室「かえで」
 
JA・JA共済で行ってきた地域貢献活動の一部を摺上亭大鳥 2階 小会議室「かえで」にて展示しています。
 
展示内容は、小・中学生を対象とした「書道コンクール」「交通安全ポスターコンクール」作品、高校生を対象とした「交通安全CMコンテスト」作品、東北ユースオーケストラ(TYO)の活動紹介パネルです。※交通安全CMコンテスト作品は1月下旬から展示予定
 
摺上亭大鳥にお越しの際には、「10アクション活動展」へぜひお立ち寄りください。
 
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
 
01
 
02

(公財)福島県交通遺児奨学基金協会へ募金贈呈

日時:平成29年12月28日(木)13:30~
場所:福島県庁 知事執務室
 
JAグループ福島では、交通事故により父母等の保護者を失った県内居住者の児童生徒(小・中学生)の奨学金等を支援する(公財)福島県交通遺児奨学基金協会の趣旨に賛同し、県全体で100万円以上の募金額を目標に、県内のJA自動車・自賠責共済代理店(平成29年11月末現在、749店)店頭で募金を呼びかけてまいりました。
 
募金総額は1,102,185円です。
 
贈呈式では福島県JA自動車・自賠責共済代理店組織連絡協議会 杉内 岩雄会長より(公財)福島県交通遺児奨学金協会 内堀雅雄理事長(福島県知事)に贈呈いたしました。
平成6年から行われた募金総額は8,452,136円となりました。
 
01
 
02

(公財)福島県交通遺児奨学基金協会へ募金贈呈

開催日時:平成29年12月25日(月)11:45~
場所:福島県庁 知事執務室
 
JAグループ福島では、交通事故により父母等の保護者を失った県内居住者の児童生徒(小・中学生)の奨学金等を支援する(公財)福島県交通遺児奨学基金協会の趣旨に賛同し、JAグループ福島の役職員、関連団体、JA福島ビル入居団体等に募金の呼びかけを行いました。
 
募金総額は1,141,211円です。
 
贈呈式にはJA福島五連 大橋信夫会長より(公財)福島県交通遺児奨学金協会 内堀雅雄理事長(福島県知事)に贈呈いたしました。
 
平成6年から行われた募金総額は20,523,434円となりました。
 
01
 
02

南相馬市小高区4つの小学校合同で「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」開催

開催日時:平成29年12月18日(月)10:30~
開催場所:南相馬市立小高小学校
参加者:111名
 
12月18日(月)、南相馬市立小高小学校体育館で介助犬デモンストレーション「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」をJAふくしま未来とJA共済連福島が共同で開催しました。
 
「介助犬知ってる人!」とスタッフの質問に「はい!」と沢山の手が挙がり、児童たちは興味津々な様子で元気な声で応えました。デモンストレーションでは、介助犬のヌーンさん(4歳)が落としたコインを拾ったり、発券機からチケットを取ったり、介助犬が活躍する様子を見ることができました。
 
01
 
02
 
03
 
04

南相馬市「原町フローラ」にてママフェスを開催

日時:平成29年12月10日(日)午後1時00分から
場所:原町フローラ
参加者数:150名
 
 
福島テレビとJA共済連福島は、12月10日日曜日に原町フローラにおいて「ママフェス」を開催しました。
「ママフェス」とは“イクメン”タレントによる、子育てトークショーやミニマタニティコンサートなど、福島県内のママ・パパを対象としたイベントです。8月27日(日)福島会場から、12月10日(日)南相馬会場まで、県内6会場で開催しました。
去年に引き続き2年目の開催となるママフェスは、コーディネーターとして全会場をまわる“パパ芸人”「タケト」さんによるベビーマッサージの紹介や、ゲストとの子育てトークショーなど充実した内容をお楽しみいただけます。
 
第6回最終回のゲストは、「モーニング娘。」の元メンバーで、ママタレントとして多数バラエティ番組やCMに出演中「藤本美貴」さんです。(夫は昨年のママフェスに出演していただいた庄司智晴さんです。)
庄司さんとの出会いから、結婚、育児までたくさんお話を伺いました。力を抜けるところは抜いて、頑張りすぎないことが大事という藤本さんの“こだわりすぎない”育児法は会場のママさん達の参考になったのではないでしょうか。
 
  
 
今年は県内6会場で開催したママフェスもあっという間に終了しました。たくさんの応募、ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。
 
01
 
02
 
03
 
04