葛尾村立葛尾小学校で「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」開催

開催日時:平成30年9月20日(木)13:40~
開催場所:葛尾村立葛尾小学校
参加者:20名(児童・先生)
 
 
葛尾村立葛尾小学校体育館で介助犬デモンストレーション「ガンバレ!介助犬!JA共済はたらくワンワンランド」をJA福島さくらとJA共済連福島が共同で開催しました。
 
日本介助犬協会の方の質問に元気よく手を挙げて、児童たちは興味津々の様子で参加していました。デモンストレーションでは、冷蔵庫を開けて飲み物を持ってきたり、靴や靴下を脱がせたりなど身近な場面を想定した内容で、会場にいた皆さんがPR犬ダンク君の活躍に驚いていました。
 
この活動を通して「介助犬」についてご理解いただくとともに、介助犬の存在や役割をもっと広めて、助けが必要な方の一助になればと思います。 
 
01
 
02
 
03
 
04

JA夢みなみ・JA会津よつばがJA共済アンパンマン交通安全キャラバンを実施!

日時:平成30年9月8日(土)【1回目】11時00分から【2回目】14時00分から 
場所:須賀川市 中央体育館
参加者数:650名
 
日時:平成30年9月9日(日)【1回目】11時00分から【2回目】14時00分から 
場所:会津美里町 本郷体育館
参加者数:約500名
 
 
JAとJA共済では、幼児がいるご家族のためにJA共済のイメージキャラクターであるそれいけ!アンパンマンのイベント「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を実施しております。
 
親子で信号ルールを学んだり、アンパンマンたちと一緒に歌や踊りを通じて交通安全の大切さを学ぶ内容で、子どもたちは楽しそうに参加していました。
最後には握手会を行い、アンパンマンたちと触れあう子どもたちは嬉しそうに喜んでいました。
 
 
01
 
02
 
03
 
04
 
05

JAグループ統一交通安全キャンペーン(一斉街頭啓発活動)実施

日時:平成30年9月3日(月)午前7時20分から
場所:県内117か所(JA店舗前や給油所、JR駅前など)
参加者:483名
 
 
JAグループ福島は「JAグループ統一交通安全キャンペーン」の一環として人や車の交通量の多いJR駅前や、JA店舗前や給油所など県内117か所において、交通安全啓発街頭活動を実施しました。
今年で27年目の活動となりました。JR福島駅東口前では、JAグループ福島役職員、福島県警察本部、福島ユナイテッドFCのスタッフもキャンペーンの活動に賛同していただき、交通安全を呼びかけました。
交通安全年間スローガンの平成30(2018)年入賞作品を使用したのぼり旗を掲示し、「福島県高校生交通安全CMコンテスト2017」受賞作品(金・銀・銅賞)の画像の一部を使用したウェットティッシュを配布して交通事故ゼロを呼びかけました。
写真はJR福島駅東口前での活動の様子です。
 
01
 
02
 
03
 
04

西こども園で「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」開催

日時:平成30年8月28日(火)
場所:学校法人専念寺学園ぼだい樹西こども園
参加者:143名(園児130名、先生13名)
 
 
JA共済連福島は、8月28日(火)に西こども園において「ふくしま防災アクション」の一環として「防災戦隊ボウサイザーの防災教室」を開催しました。
『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりが、いざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
はじめの白河消防署による「防災のおはなし」では、小道具や緊急地震速報の音などを使いながら、わかりやすく災害にあったときの対応方法を学びました。地震の時は頭を守るだんごむしのポーズ、机の脚を掴んでおさるさんのポーズ、火事の時はTシャツの襟元で口を覆うアライグマのポーズなど、状況に合わせた行動を練習し、子どもたちは楽しそうに一生懸命参加していました。
次に、雷が鳴ったときの避難の仕方を福島地方気象台よりお借りした紙芝居で紹介し、雷が鳴ったら、木の下ではなく家か車の中に逃げることを徹底するように呼びかけました。
 
最後はボウサイザーのステージショーです。災害を起こす悪者「ギャオン」とボウサイザーの3人が戦うという内容です。ショーの中には身体を動かしながら防災の知識を学ぶ「ボウサイダンス」もあり、子どもたちも一緒にリズムに乗って楽しそうにからだを動かしていました。
ショーのあとに、ボウサイザーから「ボウサイザーカード」や防災の知識をまとめた「防災手帳」、出張防災教室限定の「防災すごろく」をプレゼントしました。
 
 
↓こちらからボウサイダンスが視聴できます!
https://youtu.be/jE7ZuBqynjQ
 
012
 
02
 
03
 
04

JA会津よつばで「笑いと健康教室~笑って元気!笑いヨガ~」開催

日時:平成30年8月25日(土)午後0時30分から
場所:大川ふるさと公園 コミュニティセンターアリーナ
参加者:250名
 
JA共済では平成19年より「笑いと健康教室」に取り組んできました。
大川ふるさと公園コミュニティセンターアリーナにて、誰でもどんな時でも簡単に笑って健康になれる「笑いヨガ」を開催しました。
「笑いヨガ」とは、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせたユニークな健康法です。
 
参加者は、汗くさ笑いや、洗濯機笑いなど様々な体操で、身体も心もほぐれて楽しんでいる様子でした。
身体を動かして笑うことで、血流が良くなり身体が温まるので、気分も晴れると講師の先生は説明しました。

最後に「げらげら筋(横隔膜や喉など笑う際に使う筋肉)」をリラックスさせるストレッチで終わりました。
 
01
 
02
 
03

ふたば未来学園高等学校で交通安全CMコンテスト出張アイディア塾を開催

日時:平成30年8月22日(水)午前10時00分から
場所:ふたば未来学園高等学校
参加者:2名
 
 
JA共済では、これから自動車運転免許を取得する県内の高校生を対象に「福島県高校生交通安全CMコンテスト2018」を開催しています。
 
今年初参加のふたば未来学園高等学校でアイディア塾を開催しました。
はじめにテーマ決めから始まり、考えたアイディアをどう映像にしていくかという内容でした。
生徒は、ストーリーの組立てや撮影テクニックなど講師にアドバイスを受け、文章やスケッチでイメージを膨らませていました。
 
 
本格的な映像制作は初めてということでしたが、アイディアあふれる作品を楽しみにお待ちしています。
 
01
 
02

ふくしま防災アクション「お天気フェア2018in四季の里」にて開催決定!(ボウサイザー 出動!)

※当イベントは中止となりました。
 

日時:9月9日(日)午前10時~午後2時
場所:福島市 四季の里「農村いちば」
 
【ボウサイザー出動予告】
 
JA・JA共済では地域貢献活動の一環として、『ふくしま防災アクション』を実施しております。『ふくしま防災アクション』とは、JA共済連福島が主体となり、災害による被害を最小限に抑えるために、災害に対する知識を身につけ、県民一人ひとりがいざという時に落ち着いて的確な行動を起せることを目標とした活動です。
 
9月9日に行われる「お天気フェア2018in四季の里」にて「ふくしま防災アクション」を開催します。
当日は「防災戦隊 ボウサイザー」が登場するほか、福島地方気象台による雨粒浮遊実験・雲発生実験などの充実した体験学習アトラクションをお楽しみいただけます。
 
なお、荒天の場合は中止となります(小雨決行)。
気象台ホームページや電話でご確認ください。
 
問い合せ先福島地方気象台 ☎024-534-2162
http://www.jma-net.go.jp/fukushima/
 
PDFでチラシをダウンロード
 
2018otenkifair

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第6弾を熊倉小学校グラウンドで開催!

日時:平成30年8月10日(金)午前9時00分から
場所:熊倉小学校グラウンド
参加者:16名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第6弾最終回は熊倉サッカースポーツ少年団の皆さんです。
 
天気にも恵まれ、絶好のサッカー日和のなか、サッカー教室が開催されました。
 
高学年、低学年、キーパーの3チームに分かれ、渡辺コーチ、小峯コーチ、井上コーチのもと、それぞれのチームに応じた練習を行いました。
最後に子どもチームと大人チームに分かれた試合を行い、皆で汗を流しました。
 
子どもたちは、楽しみながらも、コーチの指導に耳を傾け一生懸命プレーしていました。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA福島ビルで健康増進支援「レインボー体操研修会」を開催

日時:平成30年8月9日(木)
場所:JA福島ビル
参加者:約40名
 
8月9日(木)にJA福島ビルにおいて、JA共済ビジネスサポート(株)ならびにフタムラ式血液循環体操研究所から3名の講師を招き、「平成30年度レインボー体操研修会」を実施しました。
 
第1部の「笑いと健康講座」では、『笑う』ことが日々の健康維持にいかに重要であるか、手・指を使った遊びや、ビーチボールなどを利用したゲーム体験を通して、皆さんに実感していただきました。
第2部の「レインボー体操研修会」では、専任講師の二村ヤソ子氏、講師の二村治菜氏による講義と実技を通して、体操の基本の動きを実践することでその効果を体感していました。
馴染みのある音楽に合わせた創作体操にも挑戦し、JA女性部リーダーの方々は「地元でも続けていきたい」「女性部以外の地域のサークルでもできそう」との声を寄せて下さいました。
 
この研修会を契機に、県内に「レインボー体操」の輪が広がって、地域の皆さんが健康でいられるよう、今後も健康増進支援などによる地域貢献活動を行っていきます。
 
01
 
02
 
03
 
04

JA共済スペシャル 福島ユナイテッドFC ドリームサッカー教室 第5弾を下郷町大川ふるさと公園コミュニティー広場で開催!

日時:平成30年8月8日(水)午前10時00分から
場所:下郷町大川ふるさと公園コミュニティー広場
参加者:16名
 
福島ユナイテッドFCとJA共済は、福島の子どもたちの健全な育成を目的として、県内の少年サッカーチームを対象にプロが伝授するスペシャルなサッカー教室を開催しています。
第5弾は下郷サッカースポーツ少年団の皆さんです。
 
小雨が降っていましたが、選手たちの希望によりグラウンドで開催しました。
高学年を指導した渡辺コーチは、パス一つでも、足の角度や場所、蹴る強さなど意識することでさらに上達するとレクチャーし、選手たちはそれに応えるように集中して練習に取り組んでいました。
低学年チームは、パスやドリブル、シュートなど基礎を中心に練習しました。練習後の小峯コーチの質問タイムにも積極的に参加し、楽しかったと話していました。
 
 
次回の今年度最後のドリームサッカー教室は、8月10日(金)に熊倉小学校で開催します。
 

011
 
022
 
033
 
044